2015年10月5日月曜日

波乗り24 民藝&サーフ・鳥取東部

少し肌寒くなると日本海に波が立ち始める。秋、冬、春まで続きます。
でもほとんどが寒い季節で特に1月から3月は海水が超冷たくハードコアなサーフィンとなる。
ちょうど今頃はまだ海水が冷たくないので日本海では最高の時期。
波は大したことないのは分かっていても、今年初の鳥取と言うことで行ってきました。
案の定、波はモモ~腰のよれた波。緩い北風が始終吹いていました。







































入ってみると良くないなりに遊べる波で新しい中古の板マンダラで良く乗れました。



















この板だいぶいいですね。今日の力のない波でも十分走ります。平らなところでも走るんです(笑)
ロングボードより長く乗れます。不思議な板です。気に入りました。今度はいい波で試してみたい。

朝に2Rして満足し、お昼ご飯に鳥取市内の鳥取民藝美術館の並びにある民藝割烹「たくみ」へ。
ここのカレーは日本民藝運動立役者のひとりイギリス人陶芸家バーナードリーチの大好物で
2014年5月の私のブログで書きました。
今日もそれを頼むつもりが、蟹の誘惑に負けて、蟹ばら寿司を注文。
突き出し・冬瓜の煮物

蟹ばら寿司

すまし

漬物


食後にコーヒーかフルーツを選べる






































1630円でした。店内内装はもちろんこれぞ民藝です。(民芸調ではない)




















ここは落ち着きます。大好き~


























民藝美術館と民藝品店、割烹たくみが並んでいます。

鳥取はまだ他にも民藝がありますので、民藝&サーフを何回かやってみましょうか!?
でも民藝好きのサーファーもあんまりいないですよね~と言うよりも俺だけかも…?
面白いからやっちゃいますよ~(笑)