2018年6月20日水曜日

手前味噌

昨年の3/19に仕込んだ味噌をやっと取り出した。



























いつもなら冬の間に新たな味噌を仕込む前に取り出すのだが、今年はカレー作りや遊びにかまけて恒例の味噌作りをやらなかった。
タイミングを無くしてしまい取り出すのが遅くなってしまった。
今回は夏にする天地返しもしていなかったので、少し不安な気持ちで蓋を開けてみたが、
上の方に少しカビがあったぐらいでそれを取り除くといい感じに出来ていました。
いつもより長くつけたので若干濃い色になっています。
摘まんで味見をしましたが、美味しかったです。問題なさそう~

約9キロ出来ました。取り出して思ったんですが、今年つけてないのが残念です。
来年はちゃんと計画して冬にちゃんとつけたいです。
だって自分で作った味噌ほど旨いものはないですから「手前味噌」(笑)
実は大豆や米(麹)も自分で作って味噌を作りたいと思っております。米作りがだいぶハードル高そうだが…

カレー作り 南インド

6/9のカレー作りはナイル善己さんの「南インド料理とミールス」からのレシピです。
マトンペッパーフライ
サンバル
カチュンパルサラダ
レモンライス
キャベツのトーレン
人参のアチャール
ダヒ(ヨーグルト)
パロタ(パン)
























冷凍のマトン肉が500gあったのでマトンペッパーフライに挑戦しました。
胡椒が効いてますが、ヨーグルトで煮込んでいるので思いのほかマイルドな仕上がり。
やはりビールが進む味です。
マトンペッパーフライをパロタで食べたかったので、パロタも作りました。パロタ作りもこれで2回目。1回目よりは少し慣れて上手くいきましたが、ふわふわのサクサクとまではまだまだです。



















サンバルがまた美味しく出来た。ナイルさんのレシピのサンバルは今まで一番簡単でやり易いので氣にいってます。
ギーも作りました。雪印の無塩バター2個でこれだけ出来ます。数ヵ月はもちそう。
ギーを使うと香りとコクが出てきます。
今は健康志向の方に人氣だそうですが私はもっぱらインド料理に使うだけです。
 

2018年6月7日木曜日

カレー作り 南インド料理・ミーンポリチャットゥ

先週末のカレー作りは南インド料理。
家のバナナの木から小さな葉っぱ2枚が取れたのでそれを使って何かできないかと考えたところ、南インド・ケララ州の魚料理ミーンポリチャットゥを作ることにした!
話しがそれますがバナナの木、この冬を乗り越えて春に花を咲かせたんです。(H30.3/30撮影)
枯れた状態の木が枯れたような花を咲かせていったいどうなるのかと思ったら、結局葉を出すことなく立ち枯れてしまった。
その代わり根元から子株が出てきて今回はその子株の葉っぱを使いました。
 プレートとして使えない大きさですが、葉っぱで魚を包んで蒸し焼きにするぐらいならいけます。
ターリーの下の有るミーンポリチャットゥから時計回りにサンバル(蕪、人参、茄子、トマト)、ポテトマサラ、バスマティライスと日本米7分搗きのハーフ&ハーフ、スンダル(グルコバの持ち帰り品)、チキン65、人参サラダ、人参のアチャール。
バナナの葉を開くとハマチを使ったスパイシーな魚料理。

 パパドを付けて出来上がり~
今回はすべてが上手くいき、特にサンバルは今までで一番の出来でした。タマリンドの酸味とテンパリングのコクがちょうどいい感じに決まった。
久し振りに作ったチキン65もビールが進んで美味しい~
初めてのミーンポリチャットゥも美味しくて、今回はテンションが上がりましたね~
ヨーグルトにはこれも庭で採れたウスラウメをトッピング。
この中の4品がナイルさんのレシピ本からです。


2018年6月6日水曜日

ユスラウメ

初夏から梅雨に入る頃の庭はうっそうと茂って樹々の勢いがすごくなる。もう少し繁ると庭の体をなさなくなり、そのころにいつも植木屋さんが来ることになる。
何となく気分で庭にふっと入ってみると、美味しそうな赤い実を見つけた!何だろう?
次の日に娘と収穫するとこれだけ採れました。

























サクランボのような実。食べてみると甘酸っぱい。サクランボより淡い味。
ネットで調べてみたらウスラウメとありました。
前からこの木があるのは知っていたが名前も知らなかったし、こんな実がなるとはまったく知らなかった。
庭に食べれる実がつく木があるのは非常に嬉しい。今まで知らなかったので得した気分。
ウスラウメはウメとありますがバラ科サクラ属でウメよりサクラの仲間。それで実もサクランボに似ている。花がウメに似ているようです。
この木は簡単に実をつけるので庭木でよく使われるとあり、FBにも投稿したらフォロワーが「子供の頃、近所にあって学校の帰りによく食べた」と(笑)。そんな木なんだ。
私も子供の頃、外なっている琵琶やイチジクの実をよく食べました。
次の日にヨーグルトに入れて食べました。



2018年6月1日金曜日

持ち寄りスパイス料理会 スリランカフード

5/28、夜に持ち寄りスパイス料理会でスリランカ料理。(6人集まる)
私はマグロを使ったフィッシュカレー、半乾燥状態のココナッツを使ったポルサンボルとパパダンを作り持っていく。その他は前日グルコバで持ち帰りしたスンダルも。
左上の白い鉢がフィッシュカレー




























半年ほど前にスパイスショップで買った乾燥ココナッツ。今回この皮を剥いてポルサンボルを作りました。包丁で皮を剥き、スライサーで下すとココナッツシュレットのようになります。それをポルサンボルにするとこんな感じ。
























香りのいいワイルドなものが出来ました。ジューシーです。

スリランカ帰りのスリ飯屋Malankaのマサル氏が手早く米粉を練って絞り出しインディアッパーを作ってくれました。
 これが入るとうんとスリランカの現地感が出てきます。カレーや副菜を包んで食べます。すばらしい~
今回もまたまた豪華なスリ飯を堪能しました。

この土日月は良く作り良く食べました(笑)これで創作意欲もだいぶ収まりました。


グルコバ60 タミル・ヴェジタリアン・ミールス

5/27、グルコバ60に参加しました。今回は南インドのタミル州ヴェジミールスです。
 全部で20品、このうち4品に係わりました(G、M、P、T)。

ではメニューの解説です。(グルコバHPより)

A.パヤサム
米を牛乳とカルダモンで煮込んだデザート。
B.ビーツのパチャディ
毒々しいピンク色だけど、ほんのり甘い優しい味のヨーグルトカレー。
C.ムング・ダール
ムング豆を使った、ベーシックな豆のカレー。
D.ラッサム
南インド料理特有の、タマリンドと胡椒の辛酸っぱいスープ。
E.ナスのクルマ
ピーナツと芥子の実を使ったペーストで煮込んだナスのカレー。
F.サンバル
カリフラワー、パプリカ、いんげんを使った南インド料理を代表する菜食カレー。
G.トマトのチャットニー
フレッシュトマトを使った南インド風ディップ。
H.コリアンダー・ココナツ・チャットニー
香菜とココナッツを使ったディップ。
I.スンダル
ひよこ豆をスパイスとレモン汁で和えたサラダ。
J.新じゃがのマサラ
皮付きの新じゃがをトマトマサラで炒め煮した料理。
K.オクラのポリヤル
オクラのスパイス炒め。
L.イドゥリ
ウラド豆と米粉を発酵したもので作った蒸しパン。
M.メドゥ・ワダ
ウラド豆をすりつぶして揚げた、甘くないドーナツ。
N.ごぼうのピックル
ごぼうをマスタードオイルと唐辛子で漬け込んだインド風漬物。
O.ウップマ
粗挽きセモリナ粉をスパイスで蒸し煮した、南インドの朝食。
P.かぼちゃのポリヤル
フェンネルを効かせたかぼちゃのスパイス炒め。
Q.ピーナツとゴマのポディ
ピーナツとゴマを使った、南インド風ふりかけ。
R.ソーナ・マスーリ・ライス
パラパラとして癖の無い、ミールスに使われるインドの中粒米。
S.プーリ
全粒粉を平たく伸ばして油で揚げたパン。
T.パパド
豆粉を乾燥させた揚げ煎餅。市販品。

自分の分はこんな感じ。
 20品全部揃ってますね。20品もあると盛り付けだけでもたいへんです(笑)
インドのミールス屋でもこんなにないよね~
ここで作るのは楽しい。いつも一人で作っているので20数名での調理はにぎやかでいいし、お酒も飲みながらでリラックスしてます。材料も20数人前でたくさんの料理を作るいい機会です。
グルコバは出来る限り参加したい。

2018年5月31日木曜日

カレー作り チキンビリヤニ

ミールスを食べて帰ってからビリヤニ作りを始める。
スライスした玉葱を薄茶色になるまで油で揚げてフライドオニオンを作るのが最初。
次にチキンとスパイス、ヨーグルトをマリネする。もちろんフライドオニオンもマリネの中にどさっと入れます。最短でも1時間は置きます。
マリネの具を厚手の鍋の下にひき、その上に半茹のバスマティライスを乗せる。
しっかり蓋をして中火で10分、弱火で20分、火を止めて蒸らすこと5~10分で出来上がり。
出来上がって蓋を開けた状態。黒いのはデーツ。茶色はフライドオニオン。
下から優しくかき混ぜて、まばらな状態が残るように盛り付ける。左はジャガイモで一緒に蒸しました。お店のビリヤニでジャガイモの入ったのは見たことないですが、スパイシーで塩気の有るビリヤニにほくほくのジャガイモが合います。

 紫タマネギのサラダとトマトとキュウリのライタを添えて現地風にしてみました。
このように生のマリネを底に敷き半茹でのバスマティライスを重ねて蒸すやり方をカッチと言い、今回はチキンカッチビリヤニです。
スパイスは控えめの家庭の味でしたがバスマティライスがふわふわで美味しかったです。

 

亜州食堂チョウク ヴェジミールス+α

ミールスを食べに亜州食堂チョウクへ。(5/26)
ヴェジミールスBセット(パパドとラッサム付)とペッパーチキンマサラを注文(ノンヴェジになりました)。
ミールスは南インドの定食です。左上の豆の煎餅パパドから時計回りにダルカレー(豆カレー)、ラッサム、キャベツのポリヤル(ココナッツ炒め)、人参のアチャール、ペッパーチキンマサラ、ジャスミンライス、ダヒ(ヨーグルト)、バナナ、サンバル。だいたいどれも混ぜて食べるのですが、最後にライスにヨーグルトを掛けてカードライスにするのもありですと説明してくれました。
 これぞミールス(笑)味は凝り過ぎたところなく普通に美味しい。
大阪のカレー屋さんは個性的だからこのようなシンプルなミールスはなかなかありません。手食をすると50円引いてくれる。ミニチャイはランチの時に100円でサーブしてくれる。
 もちろん手食で頂きました。フィンガーボールも出してくれます。満足度高いです。

 

2018年5月30日水曜日

6月の氣功・太極拳教室のスケジュール

気功教室     内容:シンプルで簡単な気功法・スロウム-ヴを行います 講師:石原恒 

火曜日(19:00~20:00)5・12・19日

水曜日(14:00~15:00)6・13・20日

金曜日(10:00~11:00)8・15・22日 


太極拳教室 内容:気功、太極拳の基本動作、24式太極拳、陳式太極剣 講師:松村健市  

火曜日 5日(13:30~15:00)19日(13:50~15:20)
どちらの教室も体験1回は無料です。(太極拳は経験者のみの参加になります)
太極拳教室では太極拳の動作を使ってからだをほぐし、整え、気を通していきます。
競技の為にはやりませんが競技のヒントになること多々あります。

気功は未体験者、高齢者やどなたでも参加出来ます。
気功・太極拳教室とも入会金5000円。

気功月会費3000円(3~9回分)

太極拳会費1回2000円
気功・太極拳の問い合わせは090-2703-0205(石原まで)


高齢化がこれからの社会問題と言われて久しいですが、じわじわといろんな問題が出てくるのだろうと思います。
高齢で働けなくなったら自分の貯えや年金などで生きていかなくてはなりません。
でもその年金の原資を作る働き手は少子化で少なくなり、年金自身もじり貧です。
また医療費が高齢化でどんどん増えていき健康保険制度も難しくなるのでしょう。
ではこの問題の負担を少しでも少なくするには高齢でも働けることと、高齢でも病気にならず健康でいることが必要だと思います。働くには健康でないと難しいので要は高齢者が健康であることが大事なんです。もっと言うとすべての人が健康で動けることが一番大きな国の資本です。
私は氣功で自分のからだを整えて動きやすいようにし、いい健康状態に保つことが出来ています。健康保険料は毎月数万円払っていますが、年に使うのは1ヶ月分にもなりません(ここ30年近くは)。今は57歳で医者に掛かるのは歯医者の定期検診年3回と今年は2月に咳が止まらないので1回だけ内科に行きました。
健康だけでなく、このブログの読者の方は私がよく遊んでいるのを知っていると思います。特にサーフィンや山スキーと言うその条件によってはからだを酷使する遊びです。50も後半になるとこのような外遊びができる人もだんだんと少なくなります。でも私はまだ出来ている。
ここで思うことは私が昔から丈夫で健康であって、強い身体を生まれつき持っていたんではと?確かに病弱ではなかったですが、ほぼアベレージの人間で運動神経は球技に関してはアベレージ以下でした(笑)日なたより日影が似合う青年でした。ほぼクラブでの運動もしてません。
自分では今の健康がいつから出来たかと考えるとやはり30歳から氣功を始めてから少しずつ健康になっていったと思います。30の時に始めていなかったら今とはだいぶ変わっていたかもしれません。
では、どんな気功をどれだけしたかと言うと大して真面目にはやっていませんでした。
始めだした30歳から人に教えるようになる35歳ぐらいまでは週一で教室に行くぐらいで、たまに先生の代役をするようになってからはもう少し真面目になり、このカルチャースペース元氣!を始めて18年になりますが、その頃からはほぼ毎日からだを動かすようになりました。年で言うと365日中300日ぐらいかな・・
内容もほぼきつい氣功はしていませんし、謎めいたものもしておりません。
スロウムーヴやスワイショウを基本にその他氣功以外の野口整体、胴体力や足のマッサージ、四股などです。今は一日合計で40~60分やっておりますが、これはここ4年ぐらい前からです。それまでは15分ぐらいスロウムーヴをして終わっていました。
要約すると大して丈夫でない30歳の男がそう真面目でなくぼちぼちと簡単な氣功を続けていって57歳には自分で納得のいく健康状態を維持することがだいたい出来て、からだを使うアウトドアスポーツも十分楽しめるぐらいできる。
これてすごいことだと思いませんか!?別に何もやらなくてもこれぐらい出来る方はなんぼでも居てると思いますが、簡単で誰でもできる氣功をぼちぼちと続けていただけでこんなに充実した生活を送ることが出来る。
高齢者問題が氣功をやってくださいで解決するとは思いませんが(実は思っている(笑))、
簡単な氣功体操をぼちぼちと続けていくことで病気になりにくく、健康を維持しやすいからだを手に入れて、もし自分が働きたいと思えば働くことも出来る。
これから老後の長い時間を過さないといけない時代です。出来るならいつまでも自分で動ける健康なからだでいたいです。そんな身体作りをライフワークにして生きていく必要があるような氣がします。
その身体作りのひとつに氣功は非常に適しております。
一度体験にお出で下さい。お待ちしております。


波乗り サーフトリップ 宮崎~日向

5/19~21まで宮崎へサーフトリップに行ってました。またJALカードのマイルを使って。
生憎この週末は宮崎方面のビーチは風が合わず、風の影響を受けた波になりましたが、そこそこの波でサーフィン出来ました。宮崎のポテンシャルを感じました。
5/19午前中に宮崎入りして出来るだけ海沿いの道を走り波をチェックしていく。
案の定、北東の風でコンディション悪し。風が悪くなるのは行く前から分かっていたので、PCで北から北東の風をかわすポイントを調べていてそこに行ってみる。
そんなに良くはないがサーフィンしているので、私も入る。今回のトリップは波があって誰かが入っていたら入らないと出来るところはなさそう。皆出来るところに集まっているようだ。ここはローカルの大事なポイントと聞きましたので明記はなしです。

この旅にはニーボードしか持って行かなかった。どんなに波が悪くでもニーボードだとなんとかサーフィンが出来るから。
Tシャツも二ーボード(笑)1ラウンド済ませてほっとしているところ。

そして宿を予約している日向の民宿金ヶ浜へ向けて北上する。
レンタカーのナンバープレートは「73」。波です(笑)
 腹ペコを我慢して小一時間走らせて前回も行った都家でお昼ご飯。
念願のお任せ定食980円を注文する。
 
刺身3種とエビフライ、サンマ、ご飯に味噌汁、漬けもんで1000円切る!刺身は新鮮で旨いし、エビフライはこの大きさ。宮崎は食べるものが美味しいです。
この写真は昨年の撮影
民宿・金ヶ浜にチャックインして、夕方に宿前のビーチをチェックするが風でグチャグチャ。少し離れた日向のメインビーチの小倉ヶ浜に行くがここもグチャグチャだが右端のテトラのところで数名入っていたので、腰ぐらいのチョッピー波に入水。他にやることないし(笑)なんとか遊べました。やはりポテンシャルありです!

宿の帰って予約なしの普通の定食をいただく。
 これで1000円ぐらいでした。1080円だったか?どれも旨い!
あとは宿でゆっくり~午前4時45分にアラームをセットして消灯。

早朝は風も止み天気もいい。部屋からのご来光。



























この朝だけ風が止んでいい波でした。サイズはセットで胸ぐらいはあったなぁ。

また腹を空かせて宿の朝定食を頂く。
この朝定食とちゃんとしたドリップコーヒーを頂いて840円だったと思う。コーヒー300円とあったので朝定は540円か?540円ではこれはないよね~コストパフォーマンス良すぎ。

部屋で少し休んでから風がまた出てきたので昨日のポイントに移動する。
昼前に着いた時はこんな感じ。ここも風が入っていますがまだできます。即入水。
今回はこの時の波が一番面白かった。昨日よりアウトで波が割れ、風でよれてくる波がそこで整って胸から肩のサイズになり、形のいいのをつかまえたらロングランできる。
掘れないフェイスの広い波をニーボードで弧を描き抜けていくのが気持ちよかった~

昼御飯は小丸新茶屋で釜揚げうどんと握り寿司を注文。
 このセットは1300円ぐらいしましたが、ボリュームが半端ない。釜揚げうどんはサービスで大盛りにしてくれるし。寿司のネタはデカくて厚い。なんとか完食しましたが、夜ご飯は少な目になりました。

以降はもっと風が強くなり、どこも波乗りは出来なかった。
10号線沿いのアンティーク屋にいったり、道の駅で宮崎マンゴーをお土産にゲットしたり、温泉にも入りました。
風が悪くとも2日で4回海に入れてら御の字です。これで日向方面は2回目ですが、ますます好きになってきました。確実にまた行くね~
日向市内にインド・ネパール料理店も見つけたし(笑)