2016年7月12日火曜日

カレー作り27 マラバールシュリンプカレー、キャベツとグリーンピースのポリヤル、鯖のスパイス焼き、カチュンバルサラダ、レモンライス、レモンラッサム、バナナ・チアシードヨーグルト

週末のカレー作りはほぼ南インドで揃えました。
マラバールシュリンプカレー、キャベツとグリーンピースのポリヤル、鯖のスパイス焼き、カチュンバルサラダ、レモンライス、レモンラッサム、バナナ・チアシードヨーグルト。

右上の黒いのはタマリンドチャトニ(奈良のカレー屋vanam製)

レモンラッサム

バナナ・チアシードヨーグルト
鯖のスパイス焼きは初めてです。鯖や青魚をフライパンでムニエルにする時は身から焼くとか、弱火から中火で蓋はしないなど基本的なことを妻から教えてもらいました。調理の基本を知らずにどんどんと作っているだけやからなぁ~(-_-;)
マラバールシュリンプカレーのマラバールは南インドの海岸の地域で、良質な魚介類が取れると聞きます。ココナッツミルクの甘味とタマリンドの酸味が合わさり、夏向きメニュ。
今回はレモンラッサムが美味しかった。調理していると火の前なのでじんわりと汗をかきます。レモンラッサムの酸味と塩分が乾いたからだに染み入るようでした。からだにいい感じです。
特に味見の時にそう感じました。
チアシードは最近ヨーグルトのトッピングに使っています。そのまま掛けていますが、水で戻した方がよりいいようです。チアシードは満腹感が得られるのでダイエットで人気ですが、オメガ3などの不飽和脂肪酸も含まれて血流が良くなり、便秘の解消にもなります。

お皿の上にはバナナリーフを敷いています。これを敷くだけで見た目が良くなり、食欲もでてきますね(笑)バナナリーフどんどんと出てきますよ、今の時期は。伸びたのをきれいなうちに採って冷蔵保存をしています。

今回のレシピはほとんどカレー伝道師・渡辺玲さんのものです。