2017年11月22日水曜日

波乗り21 Bali

3日目。この日は宿から歩いて行けるポイントでサーフ。やっと近くのポイントにうねりが入ってきました。
朝はインポッシブル。
左のグーフィー
不可能というポイントは波が早くて抜けることが出来ないという意味。その名の通り、私にはインポッシブルでした(笑)ニーボードで入りましたがやはり抜けれません(笑)
ここもセットは頭オーバーで、もう壁が迫ってくる感じ。このサイズの波は久し振りだ。
デカかったな~それでもローカル曰くまだ小さい、です(;^_^A
ここでは相当波にもみくちゃにされました(-_-;)怪我無くてよかった~

昼からは宿に一番近いビンギンに入ることに。宿のオーナーはこの波を見てここの住むことを決めたという。
 ここもグーフィーの波でチューブを巻くことがある乗りやすい波。
御飯は波の見えるワロン(茶店)でナシチャンプルーを食す。

 ナシがご飯でチャンプルーはいろいろなおかずとか、まぜまぜの意味だと思う。
バリの食事はこれが基本らしい。家庭では三食ともナシチャンプルーで、各自がご飯をよそっておかずを盛り付けて食べるというスタイル。おかずのバリエーションはいろいろとありそうです。ご飯とおかずと言うセットは日本も同じですね。

ビンギンPもニーボードで入る。ここはアウトが近いし、波がいいので人がわんさかいて、乗るのが非常に難しい。それでも慣れてきたころに何本か乗れました。
ここのもウルワツのようにカメラ屋がいて、ライディングを撮ってくれました。
チューブに入ったとは言い難いが少し被ったぐらいは言えなくもない(笑)
シークエンスでどうぞ!
波は張ってくる

少し先がぐずれそう

身を屈めて少しだけかぶる

チューブが続かない

再度波が切りたつ

狙いを定める


もう少しラインを上げるべき


ラインを上げていたら入れてたかも?

ここで波につかまる
まあ、初めて入るポイントで人も多い中、この波が乗れてよかったです。ちゃんと撮ってくれてありがとうです。最高の記念になりました~