2017年5月31日水曜日

宮崎・日向サーフトリップ2日目(波乗り8)

からだを酷使するとその部位の修復作用が行われるためか熱を持ち、筋肉痛とその熱でなかなか寝れなくなる。この夜も11時には横になったが浅い眠りが続きました。
4時半の目覚ましで何とか起きて、3階の部屋から朝明けの小倉ヶ浜を写す。


























車で3分で小倉ヶ浜に移動し、バナナを食べながら波をチェックする。




































サイズはないが風がなくきれいな波。早速入水。
4kmのビーチ少し移動すれば人がほとんどいないところがあり、そこでも波は十分にある。
波数は少なかったがセットで腰ぐらいあり、何しか人が少ないので十分に乗るころができました。
昨日の夕焼けのサーフィンも気持ちがいいが朝焼けのサーフィンも最高に気持ちがいい。
2時間近く入って腹ペコで宿に戻り、朝ご飯を頂く。

10時過ぎにチェックアウトで次はもう一つのメインビーチの金ヶ浜へ。






























ここも広いビーチで小倉ヶ浜に比べると自然の氣が多いように感じた。
今回は波乗りを道具を二つ持ってきていて、一つは最近中古で仕入れたショートボード。
私が絶大な信頼を寄せている川南活さんのシェープのボード。
もう一つはサーフマット+足ヒレ
金ヶ浜での1Rはこのサーフマットで入水。サーフマットはマットに腹ばいになり、ボディーボーディングのように波に乗る道具です。メチャメチャマイナーですが愛好家は全世界にいます。
特に日本人はこのような子供の遊びのようなものには指触を示さないようで今までに見たことがない。ただ見た目より以上に本格的に波に乗れることができるもので、うまくなれば大波でも小さなチューブにも入ることが出来るなかなかのポテンシャルの持ち主。
私は今回で2回目なので始めたばかりですが、今回でなんとかコツをつかめた感じです。
足にフィンを付けて海水の中でのキックで推進しますので、ほぼ腕でのパドリングはしません。
なので疲れはてた背筋を休めることも出来ます(笑)
フワフワのマットは波に乗るとスルスルスル~と滑り、メチャメチャ速いです、迫力満点!
1時間少し入り、最後に胸ぐらいのセットでロングランを決めて気分よく上がる~

ビーチ前に民宿兼食堂の金ヶ浜でお昼ご飯を。

きびなごの天ぷらと刺身が付いた定食で980円。
魚が新鮮で美味しい!そして安い(笑)大阪やったら1200円は堅い。

帰りの飛行機が夜の7時過ぎなので、まだ時間が有りもう1ラウンド入ることに。今度はショートボードで。お昼過ぎは潮が干潮で波は悪くなるのですがそれでもセットで腰ぐらいはありました。

 なんとこの日は3ラウンドも入ってしまう。2日間で5R!完全に50代半ば過ぎのおっさんのやることではない(-_-;)でも、他にすることもない(笑)
観光も近隣で出来るが今回は全くなし。おっさんの一人波乗り合宿になってしまった(苦笑)
持ってきたボードとマットは両方共今回で2回目でしたので、道具に慣れることが目的で、なんとか達成と言えるかなぁ~

大阪に着いて、高速の降り口が難波(湊町)。そこを曲がって少し行ったところで晩御飯。
サモサ

ラッシー

マトンマサラ
 やっぱり〆はスパイス(笑)インド料理店アシアナのマントマサラで傷ついた筋肉を修復を補いました。