2015年12月23日水曜日

Go to Tokyo by car 富士山、砂の岬、menehune、姉宅へ

日月と東京に行ってきました。今回は月曜にセミナーに参加するのと姉のところに行くのが目的でしたが、他にも寄りたいところもあるし、一度一人でVWシャランでロングドライブをしてみたかったので車で行ってきました。
日曜日の朝4時に出て新名神、伊勢湾道、東名と走り静岡に入ると姿をあらわすのが・・・・・
 そう、富士山です。
時間に余裕があったので、富士山の見えるSA、PAの3つから見てみました。
まずは東名上りの由比PAから。ここは駿河湾沿いで富士と海が見えます。小さな展望台もあります。

この上が展望台

次は富士川SA。ここが一番良かった!3つ上の写真もここからです。一番いいのは楽座と言う施設の展望ラウンジからが最高です。どうっすか!?
30分ぐらいぼっーと見ていました(笑)
iphone6+のパノラマで撮影。
次は足柄SAから。だいぶ近くて頭だけです。


11時に東京出口を降りて、世田谷区の桜新町へ。
東京ではまず腹ごしらえ、日本人夫婦のカレー屋が本にもなっているくらい話題になっている
「砂の岬」へ。開店が12時で11時15分から並ぶ。すでに二人いてる。
蔦の絡まった古い趣のある一軒家で、本格的なインド料理を出すお店でした。この日はスペシャルメニューで南インドのミールス。
非常に丁寧に作っているように思いました。スパイスも上品に効きます。もちろん旨かった!

食後に南インドのマドゥライコーヒー。甘々です。
一緒に並んだ女性二人とお喋りして待っていたので、席も同席させてもらい楽しいひと時を持っことが出来ました。このお店は総合的にレベルが高く、カレー屋という枠を超えてお店が芸術になっている感じでした。内装も食器も音楽もすべて感じがいい。ここではゆっくり過ごしたくなるんですが、
店の前の行列を見るとそうもいきません。1時に出た時も列アリです。なんせ店が小さく8.9名しか入らないのもあるんですが・・・。お値段も高いですよ(-_-;)
私はこの夫婦にいずれはインド料理が食べれる趣のある宿を営んでほしいですね。伊豆かどこかで・・・

腹ごしらえしたら次は懇意にしている町田のサーフショップ「menehune」へ。
店長の宮嶋さんとサーフボード談義に花を咲かせながら、2枚の板を委託販売してもらい、1枚買ってしまった~ここは鎌倉のレジェンドシェーパー川南 活氏の板がたくさんあり、K.K.surfboardのファンにとっては聖地のようなところです。やっぱりお店に行くのはいい!

そして姉の家がある大田区蒲田へ。午後4時半に着き、久し振りの再会をして姉夫婦、甥っ子達や甥っ子家族と団欒の時間を持っことが出来、本当にうれしく思いました( ;∀;)ありがたいです。

次の日はセミナーに参加し、晩御飯を姉宅で呼ばれて、午後7時に東京をでて、途中に4時間仮眠して朝の6時に大阪に着きました。
忙しかったが内容の濃い濃い東京行きでした。
セミナーのことはまた書きますね。