2018年5月5日土曜日

BCスキー 乗鞍岳

GWの初日(28日)に日帰りで長野県にある乗鞍岳にBCスキーに行ってきました。
今回は息子もデビューです。
BCスキーとはスキー場でない雪山を自分で登って、スキーで滑ってくるスポーツです。
昔から山スキーと言われていたものが(今でも使われているが)最近バックカントリースキー(BCスキー)と言われるようになりました。直訳だと裏山スキーです。
BCスキーの道具も近年多様化しアルペンスキーはもちろん、テレマークスキー、スノーボードといろいろなスタイルがあります。またそれぞれの道具でも違いがあり、太い板から細い板、クラシックな革靴テレマークから今はやりの雪山用のスノーボードまであって見ていて面白いです。もちろん滑る道具なしに純然たる登山もあり、この日は登山の方も多かったです。
乗鞍高原観光センターで仮眠して、朝8:30のバスに乗り位ヶ原山荘までいきます。
位ヶ原山荘で約2300mで山頂が3026m。登りは約700m。デビューにはぴったりです。

9:30ごろからシールで登りだして、すぐに森林限界を超え、そこからは目の前に乗鞍岳が見えてきます。
バス2台で来たので80人ぐらいの登山客か・・?各自登ります。
私はテレマークのスキーにブーツ。
息子はブラックダイヤモンドのスキーにアルペンブーツと踵が上がるマーカーのビンデング。ブーツとビンデングは重いけどワンゲル部はこれぐらい平気です(笑)
息子はシールをスキーに付けてハイクアップするのが初めてなので、最初は足運びに戸惑っていましたが広い乗鞍だとどこをどう歩いても問題ないのですぐに慣れたようです。
2時間ほどであと200mのところまできて小休止。岩場にライチョウが挨拶に来てくれました。皆さん大喜びで撮影会を(笑)


 あと200m登って頂上の剣が峰3026m。3時間弱で登頂です。頂上は人で一杯です。
天気良く360度素晴らしい眺望でしたが私たち親子は大した山屋でないので、何山か分からない‥…(笑)
後に御嶽山。これだけは分かる。
 少し腹ごしらえをしてから、いよいよ滑走です。イカちゃんからもらった春用のワックスを一昨日にしっかりアイロンしたのでボトムがつるつるに滑ります。最初これは滑り過ぎかと思いましたが、滑走をすると最高でした。
剣が峰の少し右からドロップしました。斜面のとっつきは急で少してこずりましたが下るにつれてちょうどいい斜面になり、テレマークターンが気持ちいいほど決まります。雪質も柔らかいザラメ雪で最高です。
気持ちのいい斜面を滑り終わり、ゆるいところもワックスが効いてスイスイ滑ります。あっという間にバス乗り場まで来てしまいました。計画より2時間早い13:30のバスに乗ることが出来ました。
天気は良いし、風もなく、雪もいいの言うこと無しのBCスキー。
息子は私より難なく滑り降りて「最高に気持ちよかった!」と言っておりました。


帰りのバス停・位ヶ原山荘前は観光客と登山者でにぎわってました。
 滑った斜面を撮る余裕もないへぼテレマーカー親父とBCスキーデビューの息子でしたが無事に最高の滑りが出来てお互い大満足。
帰りは地元の湯けむり館で汗を流し、二人で運転を交代しながら夜遅くに帰阪しました。
これから二人組で行くようになるかもしれないなぁ~