2016年6月6日月曜日

カレー作り22 ポーク・ヴィンダルー、キャベツとグリーンピースのクートゥ、ベジタブルライタ、枝豆入りプラオ、ジャガイモのロースト

先週末のカレー作りはほぼ南インド系でメインのポーク・ヴィンダルーはインド南西部にある街ゴアのカレーで、豚肉をお酢とスパイスでマリネして調理します。お酢の酸味とスパイスの辛味がベストマッチングの一品です。、ゴアはポルトガル領だったこともあり、ワインが作られていて、その工程の副産物としてビネガー(お酢)が出来て、カレーに使われたと言うことらしい。ポークを食べるのも西洋の影響。
ジャガイモのローストは北インドのサブジとは違うスパイスの使い方です。
クートゥは野菜をダルとココナッツミルクとで煮込んだ優しい味付けで、少しとろっとしています。
ライタはヨーグルト和え。プラオはホールのスパイスとバターで炊いたものに昨日の残りの枝豆を入れました。
 ヴィンダルーが辛くて酸っぱくて、暑くなってくると食べたくなります~